税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

【なぜ儲かっているのに資金が足りなくなる】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます!11/16日、「自然薯の日」です。静岡県熱海市の自然薯(じねんじょ)料理店が制定。6を「も」の字に見立て、「11(いい)16(いも)」の語呂合せ。

 

今回は、引き続き資金繰りについてで、テーマは【なぜ儲かっているのに資金が足りなくなる】です。主に7つの原因が資金繰りを苦しめています。以下順番に解説します。

①設備投資
新たに事業を始める際に、お店や工場、車、機械などの設備投資をします。その資金を自己資金で捻出するのか?それとも融資を受けるのか?いずれにせよ支払いをしなければならないので選択が必要になる。

②在庫
小売業や製造業であれば、売る前に売るものを仕入れたり作ることが先です。つまり、売る前からお金が出ていきます。

③掛売り
商品を売ったのに掛売りであればお金が入ってくるのは後になります。

④税金
売上からかかった費用を差し引いた結果には税金がかかります。会計上の売上とお金の流れはリンクしていませんので、入金前に税金支払いが来るといったケースがある。

⑤売上の長期化
建設業や製造業の場合には、工事や商品が売り上げとなるまでに数か月を超えることも珍しくありません。ということは、売上が入金されない期間が長期化するということになります。

⑥借入返済
経営をしていく上で融資を受けている場合は、その返済が発生します。つまり、お金が減っていきます。

⑦掛売りなどの入金の遅れ
掛売りや売上の長期化が発生した場合に、約束した期限を過ぎても入金されないこともあります。

これら7つの原因は、事業が儲かっていても起こりうることです。この対処法として、仕入れ代金や費用の支払いを後払いにするということが日常的に行われています。そして、もし事業の結果が赤字であれば、⑧赤字分の資金不足が加わり、資金管理の難しさはさらに増してしまいます。

いくら黒字で儲かっていたとしても、銀行は新規融資には非常に慎重な対応をします。そして、1~2ヶ月程度の時間を要します。このことを理解し、日頃から資金繰りを気に掛ける習慣が必要です。

 

弊社では、起業家・経営者をご支援できるよう多くの金融機関と連携しております。銀行選びはどうすれば良いか、融資についての相談をしたい、資金繰りで悩んでいるなど、各種専門家が課題解決を行っております。また、V-Spiritsグループでは、税理士・社労士・司法書士と勢揃いしておりますので、貴社の事業をワンストップで支援ができます!
無料相談もしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

関連記事

新着コラム

  1. Youtubeに動画を投稿しました。
  2. Youtubeに動画を投稿しました。
  3. Youtubeに動画を投稿しました。
  4. Youtubeに動画を投稿しました。
  5. Youtubeに動画を投稿しました。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX