税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

【ほとんどの商売は売れば売るほど資金不足になる?】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。11/19日、「世界トイレの日」。世界のトイレを研究しているシンガポールのJack Sim氏が設立したWorld Toilet Organization(世界トイレ機関、WTO)が制定。2001年の同機関の設立日。2013年7月24日の国連総会で、国連の記念日として実施することが決議された。

今回は、資金繰りシリーズ最終回です。テーマは、【ほとんどの商売は売れれば売れるほど資金不足になる?】です。前回、前々回でもお伝えした通り、商品販売をしてその場で現金化できる業種も限られており、大半は掛売りとなるケースが多いです。商品を仕入れるもしくは製造しないと販売する商品が無くなります。ということはお金が先にどんどん出ていく事になりますので必ず対策が必要になります。

皆さんも耳にしたことはあると思います、「売上をもっと上げよう」の一言。もちろん必要なことではありますが、資金繰りの観点から見ると注意が必要な言葉です。資金繰りが苦手な経営者や銀行から融資を受けるのが嫌いな経営者の方は、売上が上がれば全てがうまくいくといった思いがあります。しかし、その言葉通りになるとますますお金が足りなくなってしまうのです。
シリーズの最初でお伝えした「黒字倒産」ともリンクしていくのですが、黒字倒産とは利益が出ているにも関わらず支払いができなくなって倒産してしまう事でした。
売上についても数字が大きくなればなるほど、支払いも増え、お金が足りなくなってしまうのです。
仕入れや経費を増やさずに売上だけを増やすことができれば、それも掛売りではなく現金販売でできれば、資金繰りも改善するかもしれません。しかし、よほどのことがない限りそういうことは起こりません。それどころか、売上を増やそうとするあまり、利益率が悪化して、ますます資金繰りを難しくさせたり、あげくは赤字を発生させてさらに資金繰りが厳しくなったりします。
こうなってしまうともはや悪循環で泥沼です。
では、どうすれば良いか?
売上を上げたり利益を増やしたりすることに専念する為にも、銀行などから融資を受けて資金繰りを安定させることや、資金繰りの相談ができる税理士や専門家からのアドバイスを受ける事が重要です。

 

弊社では、起業家・経営者をご支援できるよう多くの金融機関と連携しております。銀行選びはどうすれば良いか、融資についての相談をしたい、資金繰りで悩んでいるなど、各種専門家が課題解決を行っております。また、V-Spiritsグループでは、税理士・社労士・司法書士と勢揃いしておりますので、貴社の事業をワンストップで支援ができます!
無料相談もしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

関連記事

新着コラム

  1. Youtubeに動画を投稿しました。
  2. Youtubeに動画を投稿しました。
  3. Youtubeに動画を投稿しました。
  4. Youtubeに動画を投稿しました。
  5. Youtubeに動画を投稿しました。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX