税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

【粉飾決算】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のテーマは、【粉飾決算】についてです。銀行から融資を受けるために利益が出ている決算書に偽装することをいいます。どんな時に起こってしまうかといいますと、銀行の融資審査を円滑にクリアしたいときに起こりやすいです。粉飾決算は一度手を染めたら歯止めがきかなくなります。さらに、財務諸表の公表義務がある上場会社の場合、株価を気にする経営陣が投資家からの評価を得たいがために、決算書の

粉飾に手を染めるケースが少なくない。決算書を粉飾するときは、実際よりも売上高を増やしたり、資金繰りに余裕があるかのように流動資産を水増ししたりする。会社が粉飾を始めるときは、「来年取り戻せばよい」といたその場しのぎの感覚で始まりますが、現実は厳しく粉飾の規模が雪だるま式に拡大していく事も少なくないです。

決算書の3大粉飾ポイント

1. 架空売上
実際には存在しない売上を帳簿に計上する、架空の請求書を作ったり、取引先や子会社と共謀して実体のない取引を行ったりする。

2. 在庫の水増し
実際には存在しない在庫を帳簿に計上する。単価を水増しすることもある。(在庫は売上原価に含まれないため、原価を押し上げることで自然と利益は伸びる)

3. 仕入れの除外
仕入は売上するものの、その売上に対応する仕入れの請求については除外する。(売上にかかる利益率が実体より大きくなる。利益の先取りし損失の後ろ送りでもある)
粉飾決算はいずれ明るみになるか、融資のある企業であれば銀行査定の時に矛盾点があぶりだされます。金融機関が一度疑いの目を持つとトコトン追及してきますので、いずれつじつまが合わなくなり今後の融資取引は解消といった最悪の事態にもなりかねません。そうなっていくと事業継続も難しくなるでしょう。
心当たりはあるがなかなか改善ができない。改善の方法がわからないなどといった方は、ぜひ1度弊社無料サービス「試し斬り」を利用なさってみてはいかがでしょうか。有意義なお話ができると思います。

 

弊社では、起業家・経営者をご支援できるよう多くの金融機関と連携しております。銀行選びはどうすれば良いか、融資についての相談をしたい、資金繰りで悩んでいるなど、各種専門家が課題解決を行っております。また、V-Spiritsグループでは、税理士・社労士・司法書士と勢揃いしておりますので、貴社の事業をワンストップで支援ができます!
無料相談もしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

関連記事

新着コラム

  1. Youtubeに動画を投稿しました。
  2. Youtubeに動画を投稿しました。
  3. Youtubeに動画を投稿しました。
  4. Youtubeに動画を投稿しました。
  5. Youtubeに動画を投稿しました。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX