クラウド会計対応(全国対応)
中小、ベンチャー企業では、ここ数年、クラウド会計の導入が進んできています。まだ導入していない企業でも関心は高く、クラウド会計に対応した会計事務所・税理士に顧問を鞍替えするという動きも加速しています。V-Spiritsでは、もちろんクラウド会計に対応しています。

クラウド会計のメリット・デメリット

あらためて、クラウド会計を導入することのメリット・デメリットを確認しておきましょう。
メリット
  • 外出先など、どこからでも最新の会計データを確認できる
  • 銀行口座やクレジットカードのデータを自動で取り込みができる
  • Airレジ等のレジアプリとも連動可能
  • クラウドサーバのためデータが失われるリスクを減らせる
  • リアルタイムで会計事務所とデータ共有できる
デメリット
  • 使い方に工夫がないと、逆に処理に時間がかかる
  • 古くからの会計事務所・税理士だと支援を断られる可能性がある
  • 税務などの専門知識がない状態で自分で処理すると税務リスクが残る
  • 自力で処理しようとして、ノウハウや時間の壁で挫折する可能性がある
  • 一定規模以上の事業者様ではソフトが対応できない場合もある

クラウド会計に対応した税理士に依頼するメリット

上記のように便利なクラウド会計ですが、自分で全てを処理するのは、なかなかハードルが高く、結局は決算までの間に挫折してしまうケースが後を絶ちません。
また、無理に自分で全てを処理しようとして、気づかない間に重大なミスが残る、税務リスクを抱えてしまうといった失敗事例も多発しています。そのような場合、税務調査が入ったときにも問題を指摘される可能性が高いといえます。

そこでクラウド会計を導入するときには、クラウド会計に精通した会計事務所・税理士を味方につけることがお勧めです。クラウド会計に精通した会計事務所・税理士を味方につけることで以下の効果を得ることができます。

(1)初期設定をサポートしてもらえる
会計や税務の知識がある税理士とはいえ、すべての税理士がクラウド会計に詳しいわけではありません。各種クラウド会計ソフトを熟知している税理士に相談すれば、それぞれの会社に一番合ったクラウド会計ソフトの選定や、会社の実状に合わせた初期設定サポートをしてもらえます。

重要なのはその業界やその会社ならではの勘定科目など、仕訳の仕組みをきちんと設定できるかどうか。ソフト自体に慣れていないときに行う初期段階ではうまく設定できないということもありえます。もし、設定を間違ってしまえば、あとでデータをすべて修正する羽目になることも。何ごとも最初が肝心。重要な初期設定だからこそ、各種クラウド会計ソフトに精通した会計事務所・税理士の専門的なサポートがお勧めです。

(2)記帳指導・記帳代行をしてもらえる
会計処理上、間違ってはいけないのが毎日の仕訳処理です。ここを間違ってしまうと誤った金額の申告をして、税務調査で問題になる原因となります。クラウド会計に精通した税理士であれば、記帳指導として業務の中で教えてもらうことができます。また、日々の記帳の仕方だけでなく、経営レポートの見方などの活用方法も教えてもらえます。

毎日の記帳をする時間がない、途中で挫折したという場合は、税理士側で記帳自体を格安で代行することも可能です。V-Spiritsでも、クラウド会計の操作に慣れた税理士やコンシェルジュが入力を担当。プロの仕事で間接部門の業務をバックアップします。毎月、レターパックに領収書等の会計資料を入れて送るだけの「V-Spirits経理おてがる便」をご用意しております。

V-Spirits経理おてがる便

(3)リアルタイムで経営情報を共有できる
顧問税理士と契約して会計サポートを依頼するのであれば、同じクラウド会計ソフトを使う会計事務所・税理士に依頼することで、入力データのやり取りなどがスムーズになります。入力データに修正が出たときも、インターネット上でデータを修正するだけで同じデータを共有できます。データのやり取りや修正の時間が削減でき、月締め、年度締めの作業にかかる時間が削減できます。また、常に最新の経営情報をリアルタイムで確認でき、試算表を受け取るまでのタイムラグを大幅に解消することが可能となります。これにより、今までよりも迅速な経営判断を下すことができます。

(4)税務に関する相談ができる
税理士と顧問契約を結ぶことにより、あらかじめ、税務上のルールを確認し、税務リスクを回避することができます。税務上の各種届出の提出し忘れや税務上の不利な選択を防ぐという効果も期待できます。また、決算に向けての節税対策についても随時相談することが可能です。

V-Spiritsではさらに!
他の会計事務所・税理士とは違う独特の強み。時間を掛けて培ってきたものをご紹介します。

(5)銀行融資・補助金・助成金の支援
V-Spiritsグループでは、「過去の記帳を行うだけ」、「過去の結果についてコメントするだけ」の従来型のサービスは行っていません。未来の経営を見据えた鋭いアドバイスをいたします。
・元日本政策金融公庫支店長
・元金融機関融資課長
・元国の補助金審査員
・助成金専門の社会保険労務士
など、多彩な専門家が在籍し、貴社の経営の未来について積極的なアドバイス、提案をいたします。

(6)多彩な専門家陣が確認したうえでの会計報告(V-Spirits方式)
通常の会計事務所・税理士の場合、毎月の会計報告の際、担当者や税理士が単独で確認を行い報告するだけというスタイルが多くなっています。V-Spiritsでは、多彩な専門家が在籍していることをフルに活かし、各クライアントの会計報告(試算表)を行う前に、各専門家がそれぞれの専門分野の立場で全てのクライアントの試算表に目を通しています。これにより、銀行融資対策や資金繰り、補助金や助成金の可能性などを適宜、アドバイスすることが可能となっています。この「V-Spirits方式」は、他の会計事務所・税理士とは圧倒的に違う点です。

(7)クライアントの立場を知り抜いた「迅速で柔軟な対応」
V-Spiritsグループ代表の中野 裕哲は、中小企業で、税理士、公認会計士、社会保険労務士などの「クライアント側」を経験しています。そこで感じた不満(対応が遅い、経営の現場とはズレた机上の空論的なアドバイスをする、縦割りで専門分野以外のことをいうと嫌がる)などを解消したいと思い立ち、自分が考える「理想の専門家事務所」として、構築してきたものです。多彩な専門家に一括相談できる体制や、クライアント側の立場を知り抜いているからこそ実現できる『迅速で柔軟に対応』にご期待ください。

(8)経済産業省後援DREAM GATE9年連続起業・経営相談数全国1位
V-Spiritsグループ代表の中野 裕哲は経済産業省後援の起業・経営支援ポータルサイト「DREAM GATE」にて、9年連続相談件数全国1位の実績。起業や経営に関する著書・監修書はベストセラーを含む15冊、大手企業やメディアのWeb記事も多数連載しています。さらに、多彩な専門家への相談もまとめて可能。時間と手間の節約+相談回答の視野の広さとクオリティが特長です。

クラウド会計導入・活用支援

はじめて会計ソフトを導入する方の他、既存の会計ソフトからクラウド会計(freee、MFクラウド、弥生オンライン)へ移行・乗換の方もご支援します。また、その後の日常作業におけるクラウド会計の利用、定着段階まで一貫してご支援いたします。

クラウド会計を、お客様仕様に設定
当社の税理士やコンシェルジュがお客さまの状況をお伺いしながらクラウド会計の導入をお手伝いし、かつ、使いやすいようにお客様仕様に設定します!面倒な作業は全て私たちにお任せください!

クラウド会計導入支援の流れ
(1)お客様の事業内容やご希望を伺い、最適なクラウド会計をお勧め
(2)現状分析/資金フローの把握
(3)銀行口座・クレジットカード等の同期設定
(4)科目・タグ等のルール決め
(5)取引登録の操作説明
(6)売掛金・買掛金の消込操作
(7)毎月の試算表作成などの継続的なフォロー

対応している主なクラウド会計サービス
Freee(フリー)
マネーフォワード(MF) クラウド会計
弥生会計オンライン
クラウド会計導入支援サービス 報酬
個人事業のお客様…5万円~20万円程度※
法人のお客様…10万円~30万円程度※

※1年以上の顧問契約を結ぶ場合は、全額免除

多彩なコミュニケーション手段に対応

クラウド会計の導入により、いつでも最新の財務内容、経営状態を確認することが可能となります。さらにそれに基づいた経営アドバイスもご提供できます。また、電話・メールの他、チャットワークやSkypeなどでいつでもコミュニケーションが可能です。

多彩なコミュニケーション手段に対応
全国どこでも相談/どこでも顧問®

全国どこでも相談/どこでも顧問®
(各種チャットツール対応)

「起業コンサルタント®」「副業コンサルタント®」「まるごと起業支援®」「まるごと経営顧問®」はV-Spiritsグループの登録商標です。
無断での使用は固くお断りします。