税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス

コラム

【現金の意味合いと選択肢について】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中小企業経営にとって大事なもの2つ。

それは、、、

  • 現金!
  • 選択肢!

 

現金はいうまでもなく最強です。

現金があれば毎月の資金繰りに窮することはないし、思ったときに必要な設備投資がポンッと出来ます。社長様がストレスから解放される特効薬と言ってもいいでしょう。

 

次に選択肢。

常に「選べる立場」をキープしておくことです。

あれが買えないとか、この融資が使えないとか、この設備が入れられない、この広告が打てないなど、Aが出来ないから仕方なしにBを選ぶという消極的な選択を回避することです。

選択肢を増やす最強のツールが現金であり、次点が信用でしょう。

 

今回はそんなお話です。

 

大事なものは現金だ!なんて、経営者の方からしたら当たり前の話ですよね。

それが出来たら苦労はないと。

しかし、この「現金」、実は少しクセモノで、何も自己資金でなくても良いのです。

金融機関から見て、お金に色はありません。

支払いを受ける側からすれば、そのお金が自己資金なのか借入金なのかなんてどうでもいいのです。

ちゃんと満額支払ってくれればいいのです。

 

しかし、日本では借金を悪と考える方もいます。事実、無借金経営を誇りに謳っている企業もあります。もちろん、それはそれでスゴいです。

ただ、私から見るとやや勿体ないと思ってしまいます。

何故ならば、会社にとって大事な「現金」と「選択肢」を得るチャンスを逸しているからです。

 

例えば、

A企業 期末の現金残高3,000万円 、 期末の借入金0万円(無借金経営!)

B企業 期末の現金残高3億3,000万円 、 期末の借入金3億円

この2企業はともに純資産が3,000万円となり、体力としては同じです。

 

何となくB企業の方が大きな借金を背負っていて息苦しそう、3億円の現金があるなら半分くらい返しちゃえば?なんて反応もありそうですね。

 

では、冒頭に戻りましょう。

中小企業経営にとって大事なもの2つ。それは現金!と選択肢!でしたね。

さぁ、上記のAB企業を見比べて、選択肢が多いのはどちらでしょうか?

選択肢を増やす最強のツールが「現金」なのですから、当然B企業の方は選択肢が圧倒的に多いことになります。

現金量は10倍の差しかありませんが、恐らく選択肢の数が数百倍は違うはずです。

 

借金は悪いことのように思えますが、大事なもの2つ、現金と選択肢を増やすための前向きなお借入れを検討してみても良いのではないのでしょうか?

 

 

関連記事

全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

新着コラム

  1. 今年度、最注目の大型補助金である事業再構築補助金。
  2. 9月2日、中小企業庁は事業再構築補助金第2次公募の採択結果を発表しました。
  3. 3月31日、中小企業庁から小規模事業者持続化補助金(低感染リスク型ビジネス枠)の公募開始が発表されま...
  4. 3月26日(金)に、事業再構築補助金の公募要領が公表されました!https://jigyou...
  5. 3月25日に、2021年度のIT導入補助金のスケジュールが公表されました!https://w...

MENU

ダウンロードはこちら
補助金・助成金知恵袋&最新情報
資金調達支援サービス
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
佐々木王毅ブログ
 V-Spirits┃ストーリー
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits
起業応援成功サプリ
採用情報
業務提携先募集情報
消費税??軽減税率??まるごとQ&A

他社広告欄

クラウドPBX