税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

【フランチャイズ④】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回、【フランチャイズ④】では、身につけておくべき経営知識を6つに分けて解説していきます。

フランチャイズ加盟者が身につけるべき経営知識と一般企業の経営者が身につけるべき経営知識とは、本質的に何ら変わりありません。経営資源と呼ばれるヒト・モノ・カネ、情報のマネジメント能力を身につける必要があります。これに加え、フランチャイズ関連の法律などの知識も最低限必要になります。

①労務管理
パート、アルバイトの管理が中心となります。効果的な労務管理を行うためには時間帯別の売上高、客数の推移と時間帯別の業務分析を実施できなければなりません。

②商品・備品管理
取り扱う商品、サービスについての深い知識が必要であり、常に品質の維持、向上に努める必要もあります。飲食業・サービス業では、材料や備品の在庫管理、人的サービスの品質保持、
向上が必要となります。

③財務管理
財務管理は、事業の根幹をなす重要な部分です。必要な資金調達し、収益向上に結びつける運用を行うために、一定期間の収支計画を立て、調達した資金の収支を監視し、計画と実績の評価・分析を
行う必要があります。

④PC、インターネットの知識
重要な経営資源の1つである「情報」の価値を高め、効果的に活用するために、情報技術に対する最低限の知識も有している必要があります。

⑤フランチャイズビジネス関連の法律と判例
フランチャイズビジネスでは、民法や中小小売商業振興法や独占禁止法などを根拠にして展開されています。他にも必要な法律はありますが、とくにこの3つの法律は最低限の知識として理解する
必要はあります。

⑥店舗の立地の見方と店舗の評価
店舗を有するフランチャイズビジネスでは、店舗立地の考え方が非常に重要になります。また、加盟したチェーンの商圏の大きさを把握することも合わせて必要です。
立地選定などについて本部から提示される参考情報を全面的に信用するのではなく、自分自身でも調査したうえで、最終判断をすることが重要です。

上記についてはとても大事な要素になります。この部分がないがしろになると経営になりませんので、注意が必要です。

 

弊社では、起業家・経営者をご支援できるよう多くの金融機関と連携しております。銀行選びはどうすれば良いか、融資についての相談をしたい、資金繰りで悩んでいるなど、各種専門家が課題解決を行っております。また、V-Spiritsグループでは、税理士・社労士・司法書士と勢揃いしておりますので、貴社の事業をワンストップで支援ができます!
無料相談もしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

関連記事

新着コラム

  1. Youtubeに動画を投稿しました。
  2. Youtubeに動画を投稿しました。
  3. Youtubeに動画を投稿しました。
  4. Youtubeに動画を投稿しました。
  5. Youtubeに動画を投稿しました。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX