税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

【従業員がDX研修を受講するときに使える助成金(東京都)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月17日から、東京都の「DXリスキリング助成金」の公募が開始されました。

デジタル化やビジネス環境の変化に伴い、デジタルトランスフォーメーション(DX)による業務の効率化や新たなビジネスモデルの構築等が求められています。

DXにより企業が変革するためには、業務を熟知した社内人材がデジタルスキルを利活用することが重要です。

そこで、「DXリスキリング助成金」では、民間の教育機関等が提供するDX講座を従業員が受講(集合訓練またはeラーニング)する費用が助成されます。概要は以下になります。

【助成対象事業者】
・都内に本社又は事業所(支店・営業所等)の登記があること。個人事業主にあっては都内の税務署へ開業の届け出をしていること
・訓練に要する経費を従業員に負担させていないこと
・勤務時間内に訓練を行っていること
・助成を受けようとする訓練について国又は地方公共団体から助成を受けておらず、今後受ける予定もないこと など

【助成対象となる訓練の要件】
・中小企業が従業員に対して行う訓練のうち、教育機関等が提供する集合訓練又は e ラーニング等 を利用して実施する訓練であること
・DXに関する専門的な知識・技能の習得と向上を目的とする訓練又は専門的な資格を取得するための訓練であること※
・通常の業務と区別できるOFF-JTの訓練であること
・都内で実施される訓練であること
・教育機関等の受講案内と受講に係る経費(受講料等)が、ホームページやパンフレット等で一般 に公開されており、1講座及び受講者1人当たりの受講料があらかじめ定められていること。ただし、サブスクリプション形式で期間内に複数の講座を受講できるもので一人当たりの受講料 が定められていないものは除く
・訓練時間が20時間以上であること(※1つの講座が20時間以上である必要があります。)
・修了者の人数が1人以上であること
・助成対象事業者が受講者の訓練状況を確認できること
・中小企業が受講者の受講履歴等を確認できる訓練であること など

※本助成金での専門的なDX講座とは、原則として以下の項目に該当するものをいいます。
・AI ・IoT ・クラウド ・データサイエンス ・セキュリティ ・基礎理論 ・経営戦略 ・プロジェクトマネジメント ・コンピュータシステム ・技術要素 ・開発技術 ・UI/UXデザイン ・RPA ・ネットワーク ・XR(VR・AR・MR・SR) ・BPR ・ブロックチェーン

【助成金の上限額、助成率】
上限額64万円、助成率2/3

【申請方法】
郵送のみ

【申請受付期間】
第1回から第5回までの募集が予定されています。各回の申請期間、助成対象期間及び実績報告書提出期限は下表のとおりです。

弊社グループでは、助成金、補助金獲得に向けたコンサルティングを行っております。無料相談もしておりますので、ご関心のある方はお気軽にお問い合わせください。

関連記事

新着コラム

  1. Youtubeに動画を投稿しました。
  2. どうもこんにちは。
  3. どうもこんにちは。
  4. どうもこんにちは。
  5. どうもこんにちは。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX