税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

「据置期間を設けますか?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

融資を申込みする際に、据置期間は設けるかどうかの質問をされたことはありますか?

特に、資金力に乏しい創業期の創業融資では、据置期間の有無で資金繰りがうまくいくかどうかが左右

されるくらい大事なことになります。

据置期間とは、元金を支払わずに利息支払いのみとする期間のことをいいます。

例えば、①100万円を25ヶ月返済と仮定すると、月々の元金は40,000円です。

②同条件で据置期間を5ヶ月利用すると、最初の5ヶ月は元金が0で利息払いのみです。

6ヶ月目から残り20回分の元金返済が開始され、月々の元金は50,000円となります。

この例では5ヶ月間と短い期間ですが、通常は1~3年の間で利用されることが多いです。

創業期の企業にとっては助かる制度となっています。

しかし、デメリットもあり、据置期間は元金の返済がありませんので融資残高が減少しません。

新たな融資を申込みする際には、返済が進んでいないことを理由に融資が受けにくくなることも

あります。

据置期間を設けると、その期間中は返済開始しないため資金を有効活用できるメリットがあるものの、

返済が進まないため、次の融資の審査に支障が出るなどのデメリットもあります。

メリット・デメリットを考えて据置期間をどうするか決めていくことをお勧めします。

 

関連記事

新着コラム

  1. Youtubeに動画を投稿しました。
  2. Youtubeに動画を投稿しました。
  3. Youtubeに動画を投稿しました。
  4. Youtubeに動画を投稿しました。
  5. Youtubeに動画を投稿しました。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX