税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

【複数の借入を一本化するメリット】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。12/17日、「飛行機」の日です。1903年のこの日、アメリカ・ノースカロライナ州のキティホークで、ウィルバーとオーヴィルのライト兄弟が動力飛行機の初飛行に成功した。この日には4回飛行し、1回目の飛行時間は12秒、4回目は59秒で飛行距離は256mだった。

 

今回のテーマは、【複数の借入を一本化するメリット】です。前回は、貸出条件変更(リスケジュール)についてでした。基本的にはリスケジュールにより返済額の軽減が図れるものの、リスケジュール期間は新規融資を受けられないといったデメリットもあります。しかし、リスケジュールをしなくても同じように返済額の軽減が図れる方法がありますので紹介します。

通常、以前に借りた融資の返済が残っているうちに、新たに借入をすると返済口数と返済金額がどんどん増えることになってしまいます。そのような状況が続いていくといつかは返済に追われるような資金繰りになってしまいます。ただし、既存の融資を一本化することができると、新規融資を受けながらも返済額を軽減できる方法があります。

例えば、借入残金2,000万円で毎月50万円ずつ返済しているのが一口、借入残金が1,000万円でやはり50万円ずつ返済しているものがもう一口として、両方合わせて月々100万円の返済になっているとします。ここに新たに1,000万円を借入しようとする際に、申込を4,000万円とすることで、以前から借入している3,000万円を新たな借入の4,000万円からいったん返済し、1つの借入とすることができます。

返済は4,000万円÷60回とすると約66万円の返済額になります。あるいは、7年返済の84回返済とすると約48万円まで返済額を減らすことができます。

例)新規融資1,000万円を受けようとした場合

① 2,000万円 毎月返済50万円       (一本化)
② 1,000万円 毎月返済50万円         →  4,000万円 毎月返済約66万円(期間5年)
③ 1,000万円 毎月返済50万円 合計150万円

借入金を一本化したことにより、約84万円の返済額軽減が図れます。また、返済期間をより長くすると大きな効果があります。
※すべてが行えるものではなく、制度上や、設備資金を運転資金に一本化など原則できないものもありますので注意が必要です。

 

弊社では、起業家・経営者をご支援できるよう多くの金融機関と連携しております。銀行選びはどうすれば良いか、融資についての相談をしたい、資金繰りで悩んでいるなど、各種専門家が課題解決を行っております。また、V-Spiritsグループでは、税理士・社労士・司法書士と勢揃いしておりますので、貴社の事業をワンストップで支援ができます!
無料相談もしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

関連記事

新着コラム

  1. Youtubeに動画を投稿しました。
  2. Youtubeに動画を投稿しました。
  3. みなさんこんにちは!V-Spirits中小企業診断士の三浦です。
  4. Youtubeに動画を投稿しました。
  5. Youtubeに動画を投稿しました。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX