税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

スタートアップ企業専門用語!?②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回はシード期について紹介しました。いわゆる起業前の段階を指します。

今回は、「アーリー期」とはどのような段階化を解説していきます。

「アーリー」とは、製品やサービス提供を始めたが、市場に受け入れられるように試行錯誤している段階にある企業の成長ステージを指します。市場にはまだ無い革新的なサービス提供を目指しているためすぐに受け入れられず、日々顧客からのフィードバックを受けて試行錯誤をしており、機能や価格体系などを含め調整していく必要があります。

また、この時期には組織的に対応していくため雇用が始まります。シード期も経費先行ですが、アーリー期でも経費が先行します。早い段階で市場に受け入れられ製品やサービスを改善し資金化していく必要があります。そうでないと、資金がショートして倒産してしまうため資金調達がカギとなる時期です。

 

 

関連記事

新着コラム

  1. Youtubeに動画を投稿しました。
  2. Youtubeに動画を投稿しました。
  3. Youtubeに動画を投稿しました。
  4. Youtubeに動画を投稿しました。
  5. Youtubeに動画を投稿しました。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX