税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

【創業融資を受けるなら専門家に相談をするべきか】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、【創業融資を受けるなら専門家に相談をするべきか】です。

私自身は、金融機関で融資に10年間携わってきたので一通りの知識や実行力を備えております。

また、頭の中でシミュレーションもできるので一本の線に繋げること自体は難しくありません。

しかし、これから起業する方の中でファイナンス知識や実際に携わったことがある方は1割にも満たないです。

先日あった相談の中で、急ぐあまり日本政策金融公庫創業融資をよくわからないまま申請してしまい、結果は否決。どうすれば良いかと思い相談しましたとのことでした。

実際に、申請してしまっているので最低でも半年間は再申請をしたとしても通ることはありません。

計画書のここがダメだったのだろうか?自己資金が足りなかったのだろうか?と原因がわからずに悩んでいる様子。

経験則からして、自身がわかる範囲での理由ではないんだと思います。

本題に戻りますが、なぜ専門家に相談すべきなのかというと、きちんと相談を頂いた時点で内容を精査し、事業者に合わせた形でアドバイスができます。

また、金融機関が何を知りたいのか?といった根幹の大事な部分を我々は理解しています。

実際に相談頂く声は、基本的に自分目線で語られていることが多いです。内心、「そこじゃないんだけどな・・・」と思う事もしばしば。

定期的に金融機関とコミュニケーションを取っているからこそ、大事な補足説明なども行うことができます。

創業融資で一番大事なことは、きちんと融資を受けて万全の状態で事業開始するためにあると思っています。

専門家に依頼すると費用がかかります。その費用がもったいないということで、自身でよくわからないまま手続きをしてしまい否決されてしまう事業者さんはたくさんいらっしゃいます。

そうなると、事業計画を変更せざるえなくなります。ましてや、融資比率が高い事業については諦めることにもなります。

最近では、法人口座開設や創業融資に係る審査関係が非常に厳しくなっています。ある金融機関は7割型法人口座開設をお断りしているようです。

そんな厳しい状況だからこそ、専門家を活用して自身の事業発展に使うべきと思っております。

 

弊社では、起業家・経営者をご支援できるよう多くの金融機関と連携しております。銀行選びはどうすれば良いか、融資についての相談をしたい、資金繰りで悩んでいるなど、各種専門家が課題解決を行っております。また、V-Spiritsグループでは、税理士・社労士・司法書士と勢揃いしておりますので、貴社の事業をワンストップで支援ができます!
無料相談もしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

関連記事

新着コラム

  1. Youtubeに動画を投稿しました。
  2. Youtubeに動画を投稿しました。
  3. Youtubeに動画を投稿しました。
  4. Youtubeに動画を投稿しました。
  5. Youtubeに動画を投稿しました。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX