税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

「融資がでるかどうかわかりません」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

金融機関と付き合いをしていくうえで融資相談をすることは定期的にあります。

融資相談をした時に銀行員から「融資がでるかどうかわかりません」と言われたらとても不安な

気持ちになりますね。企業側からすると無責任や頼りないといった印象を持つかもしれません。

 

この担当者は本当に頼りなかったり無責任なのでしょうか?ここで少し考えていきましょう。

 

まず、基本として覚えておくべきは、銀行員は融資が「できます」「大丈夫です」「約束します」と

断言や断定的な発言をすることは決まりで禁止されています。そして、担当者と決裁者は基本的には

別の人間ですから、相談相手に決裁する権限がない場合がほとんどです。

 

その場で社長によく思われようと大丈夫です!という担当者よりは、融資が出るかどうかわかりません

と言う担当者の方が誠実であるといえます。中には、永年の経験からこの案件は問題ないでしょう。と

言う担当者もいるかもしれませんが、あくまで決裁者ではないので注意が必要です。

 

資金繰りや支払いの関係上、どうしても可能性がどのくらいあるのかどうかが知りたい場合には

ストレートにどのくらいの可能性があるか?を担当者に聞いてみましょう。

断言はしてくれませんが、可能性が高ければ「8割方はいけると思います」や、難しければ厳しい旨を

伝えられ別の手段も模索するよう言われることもあります。ただし、決裁者の意見ではないことを前提

として話を聞きましょう。

 

お茶を濁すような回答をする銀行員は多いですが、紹介したような背景があるためそのような回答を

しています。逆に、大丈夫です!安心してください!など断言している銀行員に出くわしたら相当の

注意が必要となります。

 

関連記事

新着コラム

  1. Youtubeに動画を投稿しました。
  2. どうもこんにちは。
  3. どうもこんにちは。
  4. どうもこんにちは。
  5. どうもこんにちは。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX