税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

【創業融資】副業でも融資が受けられるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今回は、副業でも融資が受けられるのかについて解説していきます。

2023年に入ってからコロナも落ち着き、起業相談も増えてきております。

そんな中、今年に入り顕著に増加しているのが「副業」で融資は受けられるのか?といった相談です。

結論としては、副業でも融資を受けることはできますが、ポイントを抑えておく必要があります。

以下3つのポイントを紹介します。

①副業にもレベルがある
1つめは副業にもレベルがあります。レベルが高い・低いではなく、どのくらいの時間投下することができるのかです。副業であれ事業には変わりありません。1日あたりどの程度の時間を副業に確保することができるのか?とても重要なことです。
本業・副業関係なく、週に5日、1日8時間の勤務をしていると仮定するならば、週に40時間、1ヶ月では160時間という時間を費やしています。明確に〇時間取れればよいという規定はありませんが、相応の時間を確保していかないと売上を上げていくのも難しくなります。
1人で片手間で行うレベルの副業だと、融資を受けるのは難しいです。

②副業が認められている環境か
今の環境が副業を行っても良いのかどうかの環境にあることも重要です。
会社勤めをしている人が会社に許可を取らなければならないにも関わらず、無許可でやっていた場合のリスクも孕んでいます。万が一、融資を受けて副業を行っていたとしても、会社とのトラブルにより辞めざる得ない状況になった場合、返済見込みが無くなる可能性が高いので金融機関は必ず確認します。

③自己資金はどの程度あるのか
もしかしたら、副業では自身が経験したことのない業界業種で始める方も多いと思います。一般的には、未経験業種での融資審査は厳しく審査されます。その際に、事業に投下する自己資金がどの程度あるのかが重要です。

以上、3つ紹介しました。副業において融資を受けることは可能ですが、審査は厳しく大きな融資金額はあまり期待できないでしょう。どちらかというと、小さく始めて徐々に育てていく形の方が、のちのち融資を受けやすくなるかもしれません。
V-Spiritsでは起業・副業などの相談無料を行っています。各種専門家が様々な相談に対してお答えします。ぜひ、ご活用ください。

 

関連記事

新着コラム

  1. Youtubeに動画を投稿しました。
  2. Youtubeに動画を投稿しました。
  3. Youtubeに動画を投稿しました。
  4. Youtubeに動画を投稿しました。
  5. Youtubeに動画を投稿しました。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX