税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

【手形割引】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

今回は、【手形割引】について解説していきます。

 

創業期の企業において「手形割引」はあまり馴染みのない言葉かもしれません。

かつては、金融機関における手形割引取扱は盛んに行われておりましたが、ここ5~10年程で手形の流通自体が減少傾向にあります。

手形割引とはいったい何か?と言いますと、企業が取引の対価として受け取った手形を金融機関に依頼し割引料を支払い、手形期日より前に現金化することをいいます。

 

メリットは、手形には期日があり、資金化できるのが30日・60日・90日後(振出日と手形期日間の日数)などと長期化しておりますが、手形割引を行うと期日以前に

現金化できますので資金繰りの安定が図れます。

 

デメリットは、手形割引を行うにも審査があり、手形振出人の属性及び自社が手形の買戻し能力があるのかどうかが中心となります。

具体的には、手形割引したものの手形振出人が不渡り等により期日に決済がされなかった場合には、金融機関から割引をした手形を買戻しする形になりますので

自社の財務状況や資産状況により、手形割引ができるのか、金額の上限が設けられるのか、銘柄指定されるのか等様々なケースが想定されてきます。

 

一般的には、中小企業が手形割引を行う際に、手形振出人が上場している大企業等で、数百万円~数千万円単位の手形であれば問題なく割引はできるのでは

ないでしょうか。

 

しかしながら、手形の流通自体が年々減少傾向にありますので手形を受け取る機会さえない場合もあります。(最近は、でんさいネットが普及)

もし、取引上手形で受け取ることになった場合には、手形割引といった方法もありますので、ぜひ、参考にして頂ければと思います。

 

弊社では、起業家・経営者をご支援できるよう多くの金融機関と連携しております。銀行選びはどうすれば良いか、融資についての相談をしたい、資金繰りで悩んでいるなど、各種専門家が課題解決を行っております。また、V-Spiritsグループでは、税理士・社労士・司法書士と勢揃いしておりますので、貴社の事業をワンストップで支援ができます!
無料相談もしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

関連記事

新着コラム

  1. YouTubeに動画を投稿しました。
  2. YouTubeに動画を投稿しました。
  3. 飲食店や美容室など、新型コロナウイルスの影響で経営難に陥っている個人事業主の方は多くいらっしゃると思...
  4. 融資を受ける本来の目的は、事業を成長させるためです。
  5. 日本政策金融公庫コロナ融資制度の期間延長が発表されました。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
資金調達支援サービス
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX