税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

【融資を受けると補助金の審査に影響あるの?】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。補助金や広報を担当しております坂井です!

本日は補助金支援を行っていて受けた質問にお答えしようと思います。

経営者の方から「融資を受けて行おうとしている事業に補助金は出るのか(採択されるのか)?」と先日質問されました。

その方は融資を受けていることが公募審査にマイナスになることを懸念しておられました。

 

結論から述べると、「融資=マイナス」ではありません。むしろプラスに働くこともあります。

 

補助金の種類によっては、補助金の対象となる補助事業の資金をどのように準備するかを申告することがあります。

自己資本をいくら出すのか?融資でどのくらい準備するのか?を書かなければならない補助金もあります。

代表的なものを挙げると事業再構築補助金があります。

この補助金は補助事業を実施するにあたり資金をどのように準備するかを書くだけでなく、補助額が3000万円超になると「金融機関による確認書」が必要になります。

 

つまり、補助金の種類と申請内容によっては金融機関との連携が不可欠になることもあります。

 

それでも、融資を借金ととらえネガティブなイメージを持つ方もいらっしゃいます。

しかし、見方を変えれば金融のプロに「この事業にはお金を貸せる」とお墨付きをもらったとも捉えることができるのです。

補助金の審査員の目線から見れば、銀行のお墨付きのついた事業計画書は信頼できるものに映ることでしょう。

 

まとめますと、「補助金の申請を行うにあたって融資を受けることはプラスに働くことが多い」というのが実務での実感です。

弊社では、起業家・経営者をご支援できるよう多くの金融機関と連携しております。銀行選びはどうすれば良いか、創業融資についての相談をしたい、資金繰りで悩んでいるなど、各種専門家が課題解決を行っております。また、V-Spiritsグループでは、税理士・社労士・司法書士と勢揃いしておりますので、貴社の事業をワンストップで支援ができます!
無料相談もしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

関連記事

新着コラム

  1. Youtubeに動画を投稿しました。
  2. Youtubeに動画を投稿しました。
  3. Youtubeに動画を投稿しました。
  4. Youtubeに動画を投稿しました。
  5. Youtubeに動画を投稿しました。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX