税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

【創業融資面談時のポイント3選】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、【創業融資面談時のポイント3選】を解説していきます。

創業融資を利用するときには、原則金融機関及び保証協会と面談をします。

昨今コロナの影響で面談カットもあるようですが、基本的には面談は必要とされています。

そもそも初めて融資する相手と面談をせずに実行してしまうのはリスクが高すぎます。

リスクが伴いますので、面談ではプラスな話よりマイナスな部分にフォーカスを当てて

大丈夫ですか?どうなるんですか?といった質問が多くなる傾向にあります。

実際に面談でうまく伝えられないことや答えられないといったことが致命傷になることもありますので

創業融資面談時のポイントを3つ紹介できればと思います。

①情報は出し惜しみしない
創業計画書など所定の様式がありますが、それだけしか提出してはいけないというルールはありません。
必要であらば別紙を作成し提出するべきと思います。この時に注意が必要なのはわかりやすく簡潔にです。
そして、面談は事前に提出した資料の中から質問をしていきます。面談当日に追加資料を持っていっても
その場で細かく見ることはできませんので、後日目を通しておきます。といった形になってしまいます。

②想定される質問を予測しておく
面談の前には必ず予習をしておいてください。
自分が提出した資料のことや、市場動向などの一般的な部分までは事前にカバーしておくことは必要です。

③ネガティブ質問に対する回答が大事である
面談はプラスの要素ばかり聞くわけではなく、当然返済が問題ないことを確認しなくてはいけませんので
一定数はマイナスなことについての質問になります。売上が上がらなかったらどうしますか?
今までの経験で大丈夫ですか?などど色々なパターンのネガティブ質問をされます。

いかがでしたでしょうか。面談もただの面談では無く融資判断を目的としたものになりますので準備がとても大事になります。

弊社では、起業家・経営者をご支援できるよう多くの金融機関と連携しております。銀行選びはどうすれば良いか、融資についての相談をしたい、資金繰りで悩んでいるなど、各種専門家が課題解決を行っております。また、V-Spiritsグループでは、税理士・社労士・司法書士と勢揃いしておりますので、貴社の事業をワンストップで支援ができます!
無料相談もしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

・次のおすすめの記事はこちら

【創業融資、大事なポイント第三位】

【創業融資、大事なポイント第二位】

【創業融資、大事なポイント第一位】

関連記事

新着コラム

  1. Youtubeに動画を投稿しました。
  2. どうもこんにちは。
  3. どうもこんにちは。
  4. どうもこんにちは。
  5. どうもこんにちは。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX