税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

【売上が伸びても現金が無ければ行き詰る】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のテーマは、【売上が伸びても現金が無ければ行き詰る】です。
売上が減少傾向でも手元に現金があれば事業継続ができますし、新事業も検討することができます。
相談の中でも多いのが、売上は増加し始めているが現金が手元にないので融資を受けたいといった声があります。

前向きな状況ですので、銀行としても前向きに対応してくれることが多いです。しかし、稀に複数銀行から融資を受けて「いざ!」といった時に売上が上がらず、現金が少なくなってきた時に良い案件が出てくるといったケースがあります。だだし、銀行からすると売上が伸びることが前提の「増加運転資金」として融資をしているので、いくら未来に良い話があっても足元を見られ追加融資を受けることが非常に難しくなります。

対策としては2つあると考えています。

1つ目は、融資を受けたのであれば、常に月商1ヶ月分の現預金は手元に残るような資金計画を立てていくことです。月商1ヶ月分を残し経営していくことは創業期企業にとっては難易度が高くなりますが、経費関係の支出の見直し等を行っていき、極力手元に現金が残るような経営を心掛けたいものです。

2つ目は、銀行とのコミュニケーションを密に取り、自社が今どの程度融資が受けられるのか状況を把握しておくことです。もちろん融資には審査がありますので絶対はあり得ませんが、銀行担当者も過去の経験から推測しどの程度の金額なら融資ができるかは把握しています。

なぜ、このような行動が必要になるのかは、最悪の状態になってから相談をしても出てくる回答は非常に厳しいものです。常に、最悪の状態になる前に先手先手を打って行動を起こしておくことが資金不足に陥る危険性から回避することと考えます。
しかしながら、業績の急速な悪化や税金滞納などの状況は土台には乗らないのでご注意下さい。その場合はリスケなどほかの方法となるでしょう。

 

弊社では、起業家・経営者をご支援できるよう多くの金融機関と連携しております。銀行選びはどうすれば良いか、融資についての相談をしたい、資金繰りで悩んでいるなど、各種専門家が課題解決を行っております。また、V-Spiritsグループでは、税理士・社労士・司法書士と勢揃いしておりますので、貴社の事業をワンストップで支援ができます!
無料相談もしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 

関連記事

新着コラム

  1. Youtubeに動画を投稿しました。
  2. Youtubeに動画を投稿しました。
  3. Youtubeに動画を投稿しました。
  4. Youtubeに動画を投稿しました。
  5. Youtubeに動画を投稿しました。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX