税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

【融資申請のタイミングで結果が変わる】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、【融資申請のタイミングで結果が変わる】について解説します。

融資申請するべき最適時期によって結果が変わることがあると思いますか?

それとも、資金繰りに詰まった時に申請すれば銀行は速やかに対応してくれると思いますか?
もし、時期によって結果が変わるのなら最適時期を知っておく事は大事ですね。
現在会社経営をされていらっしゃる方がいましたら振り返る機会にしてみて下さい。

 

結論は、融資申請をするタイミングによって結果は大きく変わります。3つのポイントを◎〇×に分けて説明をします。

1. ◎ 最新の決算書(確定申告書)ができた段階で銀行融資を相談する。
このタイミングは「基本」です。私の経験の中では優良企業の80%は最新の決算書ができた段階で資金調達を行っています。もちろん優良企業ですから銀行側からのアプローチもあります。
なぜ、この時期が良いかの理由ですが、最新の会社状況がわかる明確な指標になるからです。例えば、高校受験をする中学生で言うと、基本的に大事なのは「学力」(偏差値)と「内申点」(成績表)の2点ですよね。銀行から見た決算書は受験生の内申点(成績表)と同じです。最新であればあるほど評価しやすく、半年経過してしまうと以降どうなってるの?って気になりますよね。ここの「気になる」が厄介です。(後ほど説明します)もちろん、なんでもかんでもこのタイミングが良いわけではありません。詳しい説明は割愛しますが、あまり芳しくない決算書を最新だからといって提出しても難しいですよ。

2 .〇 試算表が良い段階で銀行に相談する
銀行融資を申込みする際の基本として、直近決算から6ヵ月以上経過している場合には期中の試算表を要求されます。上記で説明した「気になる」の部分ですね。
業績は1年間を通して波があるケースが多いと思います。6月決算の会社で年末年始に繁忙期で売上が上がり夏場に低迷する企業であれば、11月締めの数字と1月締めの数字だと明らかに変わってきます。
11月時点では苦戦している印象を持たれるかもしれませんが、1月時点では順調な印象を持たれると思います。
明確な理由として、銀行で稟議申請の際に「プラス材料」があればあるほど融資が通る確率が上がるからです。逆に、マイナス材料にもなりえるので提出する時期は非常に大事です。

3. × 必要になった時点で銀行に相談する
上記、1.2で説明した通り、銀行融資取引は戦略的に行う必要があります。なぜなら、資金繰りは予め計画を立て運用していかないとショートしてしまうからです。
必要になった時点で銀行に相談するのが一般的でしょと思う方も多いかもしれませんが、その時点でショートしている可能性が高いです。この段階では表面的に表れないが、数か月後またショートしてしまうケースは多いです。行き当たりばったりですと、銀行側はすぐにわかりますし、以降の支援体制は限定的になってしまいますので注意が必要です。

 

時期によって見られ方が大きく変わりますので、タイミングが非常に大事になってきますね。

 

弊社では、起業家・経営者をご支援できるよう多くの金融機関と連携しております。銀行選びはどうすれば良いか、融資についての相談をしたい、資金繰りで悩んでいるなど、各種専門家が課題解決を行っております。また、V-Spiritsグループでは、税理士・社労士・司法書士と勢揃いしておりますので、貴社の事業をワンストップで支援ができます!
無料相談もしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

関連記事

新着コラム

  1. Youtubeに動画を投稿しました。
  2. Youtubeに動画を投稿しました。
  3. Youtubeに動画を投稿しました。
  4. Youtubeに動画を投稿しました。
  5. Youtubeに動画を投稿しました。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX