税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

【事業再構築補助金って意外と採択率高いの?】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

本日は事業再構築補助金の本当の採択率を計算しましたので、公表します。

世間では「19,673者の応募がありました。厳正な審査を行った結果、8,810者を採択いたしました」この数字から44.7%も採択されると誤解しております。

支援の現場にいる立場から言わせていただくと、そんなに簡単に採択される補助金ではありません!

 

では何故、支援の現場の肌感覚や数値と公表の数値がズレてしまうのでしょうか。

それは、44.7%とは採択において優遇されている特別枠も含めた数値だからです。

 

緊急時田特別宣言枠や、最低賃金枠などは申請要件が厳しい代わりにとても採択率が高いのが特徴です。

緊急事態宣言特別枠は、第1回55% 第2回66% 第3回66% 第4回66% と高い採択率を誇っています。

 

では、第4回では1万5千もの事業者が申請した、事業再構築の8割を占める通常枠の採択率はどの程度でしょうか?

なんと第4回で37%しか、採択されません。

 

公表した数値をもとに、金額分布ごとに採択率を出してみると

1500万円未満の通常枠の採択率は21%

程度しかありません。

 

通常枠にチャレンジすると、5回に1回しか採択されない計算になってしまいます。

 

ただ、1500万円以上になってくると採択率が40%ほどに上昇する傾向があります。

 

つまり、採択結果だけをみて判断するのであれば1500万円以上の補助金額をもらう計画を立てるのが確立が高いという結論になります。

 

もちろん弊社では、採択不採択のデータをもとに分析を進め、なぜ1500万円以上であれば採択率が高くなるかを把握しております。

 

新規事業、補助金活用などお考えの方は、お気軽にご相談くださいませ。

全国対応で30分~1時間ほどの無料ZOOM相談がオススメです。お気軽にお申込みください。もちろん、お電話(フリーダイヤル)でもご相談いただけます。

関連記事

新着コラム

  1. Youtubeに動画を投稿しました。
  2. Youtubeに動画を投稿しました。
  3. Youtubeに動画を投稿しました。
  4. Youtubeに動画を投稿しました。
  5. Youtubeに動画を投稿しました。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX