税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

【決算を迎えていない企業や個人事業主でも補助金はもらえるのか?】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはV-Spiritsで補助金や広報を担当している坂井です。

今日は雨が降り肌寒いですね。スーツの上着を着るとちょうどよい気温で、段々と年の瀬に近づいている気持ちにさせてくれますね。

 

本日は、起業したてての企業(個人事業主)でも補助金の申請はできるのか?についてです。起業したてで何かと入用な時に国から補助がもらえるのは、経営上とても助かりますよね。条件だけではなく、実際どうなのか?も踏まえて説明をしていきます。

 

結論から申し上げますと、「補助金による」です。

 

具体的にいくつかの補助金を例に挙げながら説明をいたします。

額が大きい事業再構築補助金は、「2020年4月以降の連続する6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前( 2019年又は 2020年1月~3月)の同3か月の合計売上高と比較して10%以上減少しており、 2020年10月以降の連続する6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前 (2019年又は 2020年1月~3) の同 3か月の合計売上高と比較して 5%以上減少していること等。」とあります。

簡単に要約しますと、「コロナ禍で三か月の売り上げ合計が10%減少している」ことが要件になっている以上、2021年にできたばかりの法人や個人は対象になりません。

 

では、補助率が3/4といい「<低感染リスク型ビジネス枠>小規模事業者持続化補助金」はどうなのでしょうか?

こちらは問題なく申請することができます。

公募要領に、個人事業主の場合は「※決算期を一度も迎えていない場合のみ、申請時 に 開業していることが分かる 税務署の収受日付印のある 開業届を提出してください 。 」と書かれています。

法人の場合は、貸借対照表と損益計算書の提出のところに「※決算期を一度も迎えていない場合は不要です。」と書かれています。

 

しかしながら、要件を満たしていても本当に決算を迎えていない会社や個人が採択されるのか気になりますよね?何期も事業を継続している会社や個人事業主さんと比べられて果たして採択されのか?

実際に何十社と申請を担当してきた経験から申し上げますと、決算を迎えていなくとも採択されます。支援した企業様が何社も採択されていくのを見てきました。

ただ、とりあえず申請して採択されない企業さんもたくさん見てきましたのでしっかりとした準備と対策が必要です。

 

もしも補助金の申請をチラリとでもお考えであれば、ぜひ弊社の無料相談をご利用くださいませ。

補助金の専門家が親身になりアドバイスを行います。

 

 

関連記事

新着コラム

  1. Youtubeに動画を投稿しました。
  2. どうもこんにちは。
  3. どうもこんにちは。
  4. どうもこんにちは。
  5. どうもこんにちは。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX