税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

【資金繰り表は融資審査にどう生かされるのか】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます!12/10日、「アロエヨーグルトの日」です。森永乳業が制定。1994(平成6)年のこの日、森永乳業が日本で初めてアロエ葉肉入りのヨーグルトを発売した。
今回のテーマは、【資金繰り表は融資審査にどう生かされるのか】です。資金繰り表を作成する上でのメリットは2つあり、1つは、自社の現金の流れが把握でき未然にショートすることを防げる。
2つ目は、銀行からの評価(見方)が良くなります。個人に置き換えると、毎月の給料の中で、収入・支出・貯蓄をきちんと管理している人と、給料が入ったら計画なしに使い給料日前にはお金がなくて苦しい思いをする。どちらの方が「お金」に関して信頼ができるかは一目瞭然ですよね。このように銀行も見ており資金繰り表を作っておくことは非常に大事です。

では、具体的に何が良いのかを3つ紹介します。

1. 稟議作成をする融資担当者の印象が良くなる
銀行の稟議書作成の一番のポイントは、融資したお金が返済履行されることです。資金繰り表を作成していると、明確に〇月の〇〇の仕入れのタイミングで資金が不足し、〇ヶ月後の〇日に売上代金として順次入金になるので〇月以降は問題ないということがわかる。また、融資担当が顧客にヒアリングして作成するには手間がかかりますので、その分融資を受けるスピードも早くなります。

2. 支店長決裁がスムーズになる
常日頃から資金繰り表を作成している企業は、銀行から見て安心感があります。現金の出入りが見える化しておりますので、返済履行に対する懸念が少なくなります。また、あの企業は資金繰り表を作成してしっかりしている企業だから、担当者が積極的に融資を行える体制を整えやすいです。

3. 本部決裁案件も申請しやすくなる
銀行により違いますが、ある一定金額以上の融資になると支店長決裁でなく本部決裁となります。何が違うかと言いますと、支店長決裁はあくまで現場での判断が基準となります。しかし、本部決裁は現場を見ていない融資のプロが審査をします。審査においては、稟議書と付帯資料のみで判断されてしまうため審査は厳しいものになります。ですので、資金繰り表があることにより問題なく返済できることをアピールできます。

以上が、資金繰り表が融資審査にどう影響するのかの3つのポイントでした。
弊社では、起業家・経営者をご支援できるよう多くの金融機関と連携しております。銀行選びはどうすれば良いか、融資についての相談をしたい、資金繰りで悩んでいるなど、各種専門家が課題解決を行っております。また、V-Spiritsグループでは、税理士・社労士・司法書士と勢揃いしておりますので、貴社の事業をワンストップで支援ができます!
無料相談もしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 

関連記事

新着コラム

  1. Youtubeに動画を投稿しました。
  2. Youtubeに動画を投稿しました。
  3. Youtubeに動画を投稿しました。
  4. Youtubeに動画を投稿しました。
  5. Youtubeに動画を投稿しました。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX