税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

【金融機関が疑う決算書科目②】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

前回に引き続き、【金融機関が疑う決算書科目②】として解説していきます。

今回は金融機関から融資を受けようと考えた時に、一番気をつけなければならない科目です。

この科目があるだけで金融機関の担当者は一歩引いてしまいます。

 

<代表者貸付金>

いわゆる代表者が会社からお金を借りている状況です。よくあるケースは、会社の資金繰りが厳しいので代表者の私財を会社に貸し付けることはありますが、今回はその逆になります。
会社のお金だから社長が借りようが関係ないだろ!と思われるかもしれませんが、金融機関の判断軸には会社と社長のお財布がきちんと明確に分かれているかどうかチェックしています。既に混同してしまっている場合には是正していくことをお勧めします。
最大の懸念ポイントは、金融機関が融資をしても代表者へ流れてしまうのではないか?ということです。こうなってしまうと事業成長のための融資が社長の肥やしになってしまうため意味がありません。また、今は無くとも今後発生してしまったと同じタイミングで融資を受けていたりなどした場合には誤解される可能性は極めて高いです。金融機関からそういった判断をされてしまうと、おそらく融資取引を継続していくのは困難になると思われます。

このように、金融機関からするとあって欲しくない科目です。既にある場合には早期に0になるようにしていくことが融資を受けるうえではとても大事になります。
自社の決算書で融資を受けられるかどうか不安などのご相談もV-Spiritsでは行っております。各種専門家が親身に相談にのります。初回相談は無料ですので、下記フォームよりお問い合わせください。

 

 

関連記事

新着コラム

  1. Youtubeに動画を投稿しました。
  2. どうもこんにちは。
  3. どうもこんにちは。
  4. どうもこんにちは。
  5. どうもこんにちは。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX