税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

【事業計画作成における重要点】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、【事業計画作成における重要点】について解説していきます。

事業計画を作成するときに多い声として、書きすぎてまとまらないや全然進まずほとんど書けないといった様々なケースがあります。

あくまで計画書という側面もあり、いくら立派に完成したからといっても内容通りに進まなくてはあまり意味を持ちません。

しかし、融資審査となると先々の結果はわかりませんから、事業計画書を基に判断せざる得ません。

その時に大事な要素をお伝えしますので、ぜひ実践してみることをおススメします。

事業計画書は抽象的より具体的の方がリアルに相手に伝わります。

では、どうしたら事業計画書を見た審査担当者に伝わるのか?

それは、5w1hを活用して説明することです。

これを創業後の「売上」に当てはめていくと

When → いつ(〇ヶ月後や〇月といった具体的時期)

Where → どこで(自社で、他社で、海外でなど)

Who → だれが(自分が、社員が、外注がなど)

What → 何を(何のサービスもしくは商品を)

Why → なぜ(行う理念など)

How → どのように(対面販売なのか、WEBなのかなど)

上記のように当てはめていくと事業計画書を基に審査を行う人間にも伝わりやすくなります。

融資に関わらず補助金申請書なども同様で、5w1hを活用するなどしてわかりやすい申請書を作成した方が見る人にも優しく良い結果にも繋がっていくのではないかと考えます。

弊社では、起業家・経営者をご支援できるよう多くの金融機関と連携しております。銀行選びはどうすれば良いか、融資についての相談をしたい、資金繰りで悩んでいるなど、各種専門家が課題解決を行っております。また、V-Spiritsグループでは、税理士・社労士・司法書士と勢揃いしておりますので、貴社の事業をワンストップで支援ができます!
無料相談もしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

・次のおすすめの記事はこちら

【事業計画書の落とし穴】

【創業融資における事業計画書の作成時期】

関連記事

新着コラム

  1. Youtubeに動画を投稿しました。
  2. Youtubeに動画を投稿しました。
  3. Youtubeに動画を投稿しました。
  4. Youtubeに動画を投稿しました。
  5. Youtubeに動画を投稿しました。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX