税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

【創業融資、銀行面談での注意点】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、【創業融資、銀行面談での注意点】です。原則、創業融資を申込みをすると金融機関(銀行・公庫・保証協会など)と面談を行います。各機関は、事前に創業計画書のほか、様々な書類に目を通した後に面談します。この面談は非常に大事であり、就活や受験などの最終面接と同様の意味を持っています。

その中で注意すべき点を1つを紹介します。

面談時に注意すべきことは、「売上の見込みを合理的に説明する」です。面談では、事業計画書を基に話が進みます。その中で記入した数字に関して特に重視されるのが「売上」です。
創業時に必要となる設備資金や固定費は無駄遣いをしなければ、コストは計画から大きくはずれることはないでしょう。

しかし、売上は本人の頑張り次第で大きく変わります。売上が伸ばせる人ならば、いくら貸しても返せると判断され、極端な話、いくらでも貸したいというのが本音になります。
逆もしかりで、売上計画を作ったものの、本人の説明によって本当に実現可能なのか?と思われてしまった時点でかなり厳しい目線となります。

つまり、融資の可否、希望通りの融資額を引き出せるか否かは、創業計画書に起こした売上について、より説得力あるプレゼンができるかどうかにかかっているといって良いでしょう。

例えば、飲食店の場合には、周辺の競合先がどの程度あるのか?出店予定地にどれだけ通行人がいるのか?来店するメインターゲットはどこか?などを踏まえたうえで
・メニュー構成 ・価格帯 ・客単価 ・見込める集客数 ・回転数を割り出し、売上の裏付けとします。
別紙を用意し、最寄り駅の乗降客数や道路沿いならば交通量、会社などの大口客が見込めるかなども踏まえてプレゼンするのが良いでしょう。

また、売上以外にも様々な数字について、その根拠を問われた際には口頭で解説できるようにしておきましょう。

 

弊社では、起業家・経営者をご支援できるよう多くの金融機関と連携しております。銀行選びはどうすれば良いか、融資についての相談をしたい、資金繰りで悩んでいるなど、各種専門家が課題解決を行っております。また、V-Spiritsグループでは、税理士・社労士・司法書士と勢揃いしておりますので、貴社の事業をワンストップで支援ができます!
無料相談もしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

関連記事

新着コラム

  1. Youtubeに動画を投稿しました。
  2. Youtubeに動画を投稿しました。
  3. Youtubeに動画を投稿しました。
  4. Youtubeに動画を投稿しました。
  5. Youtubeに動画を投稿しました。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX