税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

【融資におけるヒアリングの重要性】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

融資を申込みするときには、金融機関の融資担当者からヒアリングを受けます。

実はこのヒアリングとても大事です。聞かれたことにただ答えるだけでは信頼を勝ち取ることは

できません。融資申込時のヒアリングのポイントについて説明をします。

 

①金融機関担当者は凄いことばかりを聞きたいのではない
往々にして多いのが、優良企業と新規取引ができる、こんな実績があるなど人が聞いたら凄いと感じる話をすれば金融機関は積極的になると考えている方も少なくありません。実際には、良い部分と悪い部分などを含めて知りたいので、良い面ばかりアピールするのもあまりよくありません。

②隠し事をしていないか
業績が悪化しかけているけども、黙っていればわからないから隠してしまう。どうしても金融機関に対してマイナスのことを言ってしまうと融資がされないと思ってしまうでしょう。金融機関と長く取引をしていこうと思ったら、隠し事をせずにきちんと話すことが信用に繋がります。当然、業績が回復するための道筋を描いて説明ができることが大事です。

③ヒアリングした内容は上司に報告をする
ヒアリングした内容は担当者で完結せずに、必ず上司や最終決定者に説明をするために行っています。ということは、担当者だけが納得するのではなく、上司や最終決定者が納得するような説明を意識する必要があります。伝言ゲームのように人から人へと話が伝わると少しずつ変化してしまうこともありますので注意しなくてはなりません。

 

金融機関の担当者からヒアリングをされることは日常的にあることではないので、稀なケースかもしれませんが、その1回がとても大事になりますので意識的に行うことをおすすめします。

 

V-Spiritsでは各種専門家が無料相談をおこなっております。些細なことでも専門家が懇切丁寧にお答えします。ぜひ、無料相談をご活用ください。

 

関連記事

新着コラム

  1. Youtubeに動画を投稿しました。
  2. Youtubeに動画を投稿しました。
  3. Youtubeに動画を投稿しました。
  4. Youtubeに動画を投稿しました。
  5. Youtubeに動画を投稿しました。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX