税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

【融資の話し】外国人経営者は融資をしてもらえる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは

V-Spiritsの三浦です。

 

外国人の経営者の方から融資の相談が増えてきました。

外国人が事業資金の融資を受けることができるのかという相談です。

結論から申し上げますと、できます。

ただし日本政策金融公庫と民間金融機関(信用保証協会)ではかなり運用が違います。

 

日本政策金融公庫ではビザの種類が、ちゃんと経営ができるビザであれば

在留資格の期限はあまり影響しません。

現在のビザが経営・管理で1年であったとしても、これまで他の種類のビザで

日本での定住歴が長い場合は、長期での融資が受けられ場合があります。

(もちろん審査は日本人経営者に行うのと同じように行われます。)

民間の金融機関(保証協会)では基本的に永住権を持っている方でないと対応してくれません。

仮に永住以外で融資が出来たとしても、在留資格の期限以内に完済するのが原則です。

 

あと言葉の壁は大きいですね。

社長が日本語での会話が難しい場合、たとえビザやその他の要件を満たせていたとしても

取り上げできないことが大半ですね。

通訳がいればいいのではと思われる方もいらっしゃるでしょう。

通訳する方が経営の中枢におり、社長の配偶者みたいなケースでないと

実際には取り上げが難しいですね。

言葉については公庫も民間の金融機関も同じ考え方ですね。

 

関連記事

新着コラム

  1. 融資を受ける本来の目的は、事業を成長させるためです。
  2. 日本政策金融公庫コロナ融資制度の期間延長が発表されました。
  3. <第12回事業再構築補助金のスケジュール + 第10回と第11回の採択結果発表日...
  4. 今回は、【損益分岐点売上高を知る】について解説していきます。
  5. 『将来、こんなお店を開きたい✨』という夢はたくさんあるけれど、現実的に一番ネックとなる...
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
資金調達支援サービス
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX