税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

【融資を受けたいなら絶対に気をつけるべきこと】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今回は、【融資を受けたいなら絶対に気をつけるべきこと】について解説していきます。

金融機関から融資を受けたいと考えているのならば、必ず気をつけないといけないことポイントが

複数あります。今回はその中の一つを紹介します。

 

<代表者への貸付金>

これだけを見て想像ができるひとはなかなかいないかもしれません。
要するに、会社のお金を代表者(社長)へ貸しているということです。
社長なんだから良いのではないか?との意見もあるかもしれませんが、あくまで法人のお金は法人のものです。社長個人のお金ではありません。これだけ聞くと当たり前だろと思うかもしれませんが、実際に実務的には難しい面もあります。一般的に会社のお金を自由に動かせるのは代表者か一部の限られた人です。法人と個人の財布を明確に分けられるのであればなんの問題もありませんが、一時的に会社からお金を借りてしまったりが繰り返されるようであれば要注意です。
金融機関が融資をするのは、事業の成長を願って融資をしています。銀行もビジネスなので金利があったりしますが、根本的な部分は前述したとおりです。しかしながら、代表者への貸付金がある企業は金融機関からどのように見られるでしょうか?おそらく、私的にお金を使っている可能性も否めないので懐疑的な目で見られます。融資をしても個人へ流れてしまったら意味がありませんので。

創業期にはあまりありませんが、期を重ねるごとに代表者への貸付金をしている企業は増えていきます。数十万円であれば返済はできるでしょうが、数百万円・数千万円と膨らんでしまうとどうにもできません。おそらく金融機関からも見切りをつけられてしまうでしょう。逆に、代表者が会社へお金を貸し付ける分には問題はありません。
かなり重要なことですので、きちんと覚えてください。

 

関連記事

新着コラム

  1. Youtubeに動画を投稿しました。
  2. Youtubeに動画を投稿しました。
  3. みなさんこんにちは!V-Spirits中小企業診断士の三浦です。
  4. Youtubeに動画を投稿しました。
  5. Youtubeに動画を投稿しました。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX