税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

必見!!事業計画書の作り方(基本)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

事業計画書も構成がしっかりしていないと、ただの夢物語を書いたに過ぎなくなってしまいます。

ここでは、事業計画に含むべき構成要素5つ解説していきます。

特に、これから起業を考えている方は覚えておいてください。

 

<事業計画に含むべき構成要素>

①事業の骨格
こちらはどのような事業を行うかのまさに骨格の部分です。家で例えると「柱」の部分です。
ここが決まっていないようですと、軸がブレてしまうこととなります。

②事業計画全体のストーリー
なぜその事業を行うのか?その事業(業種)の経験はあるのか?この事業を通して何をしたいのか?
このような事業全体に係るストーリーです。
例えば、小さな時に食べたケーキの味が忘れられなくてずっとパティシエになりたくて、勉強し修行し
今に至る。といった人と、時代がスイーツブームで儲かりそうだからやります。って方を比べると、
見方が大きく変わってきます。融資を受ける観点ですと前者の方が好感を得られます。

③損益計画
こちらは、売上・利益などの業績面の計画になります。こちらも1年単位のざっくりした計画か、
月単位に落とし込んだ詳しい計画かによって見方が変わってきます。また、根拠を持った数字が
求められます。

④資金計画
こちらはお金に係る計画です。事業を始めるにあたり自己資金がどのくらいあるのか?融資は必要か?
事業が動き出したあとのお金の流れはどのような想定をしているのか?こちらも③損益計画同様に、
月単位に落とし込んだ計画の方がより具体的な資料になりえます。

⑤その他、求められるポイント
上記①~④とは別途にプラスとなるポイントになります。例えば、ビジネスパートナーがその業界の第一人者であったり、既に実績を残している。土地や建物の余力ある不動産を所有している。など、
審査にプラスとなる要素があれば積極的にアピールしてみましょう。

 

いかがでしたでしょうか。事業計画をどう書いてよいかわからない場合は上記を参考にして記入してみてください。弊社HPでも事業計画書ひな型がダウンロードできますので、ぜひ活用ください。

 

 

関連記事

新着コラム

  1. Youtubeに動画を投稿しました。
  2. Youtubeに動画を投稿しました。
  3. Youtubeに動画を投稿しました。
  4. Youtubeに動画を投稿しました。
  5. Youtubeに動画を投稿しました。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX