税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

【金融機関が嫌う資金繰り管理方法とは】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今回は、金融機関が嫌う資金繰り管理方法について紹介をします。

金融機関から定期的に融資を受けるには、金融機関からの信用を勝ち取る必要があります。

ここで言う信用とは、お金の管理の仕方です。きちんと管理していれば金融機関としても安心感が

あります。一方、ルーズできちんと資金管理ができていない状態だと金融機関は心配をします。

心配をされると積極的な姿勢ではなく消極的になる可能性が高いです。

以下にどのようなタイミングで融資申込みをするかによって、金融機関が感じる印象をまとめます。

 

①3ヶ月後に最新の設備導入をしたいので融資を検討しておいて欲しい

②来月支払いが多く、資金繰りがショートしそうなので追加融資を検討して欲しい

③今月末資金繰りがショートしてしまいます。月末までに融資をしてください

④支払いをしたらお金が無くなってしまいました。至急融資をお願いします

 

①から④にいくごとに事態は深刻化していきます。
①もしくは②の状態であれば時間の余裕がありますので、様々な方法により資金調達を検討することができます。
③では、月末までの残り日数がポイントになります。③で相談をする場合には遅くとも月中15日までには相談をする必要があります。繰り返し行ってしまうと印象はよくありません。
④の場合は金融機関からの印象はかなり悪いです。資金繰りの計画性の無さが露呈してしまい消極的な対応をされる可能性が高いです。

日常からきちんと資金繰りの管理を行い、極力③と④は発生させないように注意が必要になります。
万が一、④をしてしまったら、その時は緊急対応してくれるかもしれませんが、次回はないと思った方がよいでしょう。③についても黄色信号ということを自覚しましょう。

金融機関から定期的に融資を受けて事業を行っていく場合には、資金繰りには最新の注意が必要となります。早め早めが大事です。ぜひ、参考にしてください。わからない場合についても、V-Spiritsでは専門家による無料相談を実施しています。些細なことでも解消しておかないと後々に問題となるケースもあります。ぜひ、無料相談も活用してみてください。

関連記事

新着コラム

  1. Youtubeに動画を投稿しました。
  2. どうもこんにちは。
  3. どうもこんにちは。
  4. どうもこんにちは。
  5. どうもこんにちは。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX