税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

【銀行への返済額を減らすことはできるのか?】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。今回のテーマは、【銀行への返済額を減らすことはできるのか】です。前日の話から繋がっているので、まだご覧になっていない方は前日のブログを見てからこちらをご覧ください。

結論は、貸出条件変更(リスケジュール)を行えば、銀行への返済額を減らすことは可能です。
ただし、リスケジュールは銀行側が応じなければ行うことはできず、また、簡単には応じてもらえません。

ここでのリスケジュールとは、借入の返済計画の一時的な見直しのことを言います。企業が経営難に直面し、銀行からの借入の返済が厳しくなった時に、企業側から銀行に借入金の返済条件の見直しを依頼するもので、経済的に合理的であると判断される場合に応じてもらえます。

例)毎月50万円の元金返済をしている企業がリスケジュールを行った場合。
通常50万円→元金返済25万円へ軽減。

では、リスケジュールを行うにあたり理解しておくべき3つのポイントを解説します。

①銀行がリスケジュールに応じる背景
銀行にとって企業から返済をしばらく猶予してほしいと要請されるのは、決して好ましいことではありません。その一方で、貸出先が倒産すると貸し倒れになってしまうので、再建の道があるのなら協力した方が得策なので応じます。

②依頼する為に必要なこと
経営改善計画書等を策定し銀行に理解をしてもらう必要があります。重要なポイントは、実現可能性が高いことです。今の状況を脱するために作った計画書ではなく実現見込みがあるものです。(概ね3年程度)ここの部分が曖昧であったり実現見込みがないものと思われる場合には応じてもらえないこともあります。

③メリット・デメリット
*メリット
・元本の返済期間を一定期間待ってもらえる。
・一時的に元本部分の大半が返済猶予されるため、その分だけ資金繰りが楽になる。
・リスケをしている間は、銀行は法的な回収手段をとらず、回収を待ってくれる。

*デメリット
・リスケが終わるまで、取引行から新規融資は実行してもらえない。
・リスケ期間は最大でも1年間であり、延長するにも再申請となりますので認められない場合もある。
・格付け評価が下がってしまうので、銀行融資取引における条件等が厳しくなる。

以上が3つのポイントとなります。返済が厳しい場合の選択肢として理解しておく必要があると思います。

 

弊社では、起業家・経営者をご支援できるよう多くの金融機関と連携しております。銀行選びはどうすれば良いか、融資についての相談をしたい、資金繰りで悩んでいるなど、各種専門家が課題解決を行っております。また、V-Spiritsグループでは、税理士・社労士・司法書士と勢揃いしておりますので、貴社の事業をワンストップで支援ができます!
無料相談もしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

関連記事

新着コラム

  1. 第10回事業再構築補助金の採択結果が発表になりました!6件採択で、総額1億4千万円の補助金額...
  2. 融資を受ける本来の目的は、事業を成長させるためです。
  3. 日本政策金融公庫コロナ融資制度の期間延長が発表されました。
  4. <第12回事業再構築補助金のスケジュール + 第10回と第11回の採択結果発表日...
  5. 今回は、【損益分岐点売上高を知る】について解説していきます。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
資金調達支援サービス
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX