税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

実は盲点!「与信」の落とし穴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今回は、実は盲点!「与信」の落とし穴について解説していきます。

与信とは、銀行が取引先に対して融資や融資枠などの信用を与えることです。

与信がたくさんある企業については銀行からの信用度が非常に高いと言えます。

創業融資の時に比較的起こる事例としては、既にA社を経営している小峰さん(仮名)。小峰さんはA社を創業した時に日本政策金融公庫から1,000万円の融資を受けてスタートしました。
今回、別の事業を行うためにB社を設立し同じように創業融資の申し込みを行いました。500万円の自己資金で前回同様1,000万円の申請でしたが、けんもほろろに断られてしまいました。
なぜダメだったか理由を聞いたところ、総与信の関係で追加融資を難しいと言われました。
さて、今回のようなケースはどういうことになりますでしょうか?

 

正解は、代表者である小峰さんの総与信額を超えてしまうためです。

 

実は、今回のようなケースは色々な相談を受けているとよくあります。
この総与信については金融機関内部で定められているので、外に情報として出ることはありませんが、総与信としては1,000万円程度が目安とも言われています。ただし、会社設立してからどのくらいの期間が経過しているかにもよって異なりますので一概には判断ができません。

気をつけるべきは、既にご自身で会社経営をされている中で、新会社にて創業融資を検討するときには気をつけましょう。その時には、1行に頼るのではなく、複数行利用するなどやりようはありますので。

 

創業融資は事業の行方を決めるとても重要なタイミングです。少しでも自分は大丈夫かな?と思ったら、V-Spiritsの無料相談を活用ください。各種専門家が60分間惜しみなくお話しさせていただきます。

 

関連記事

新着コラム

  1. Youtubeに動画を投稿しました。
  2. Youtubeに動画を投稿しました。
  3. Youtubeに動画を投稿しました。
  4. Youtubeに動画を投稿しました。
  5. Youtubeに動画を投稿しました。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX