税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

【経営計画書で失敗しない3つの法則】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。11/25日、「金型の日」です。日本金型工業会が1974(昭和49)年に制定。1957(昭和32)年のこの日、日本金型工業会が設立された。

今回のテーマは、【経営計画書で失敗しない3つの法則】です。前回とは反対に失敗を回避する法則を3つに分けて解説していきます。

①他社のいいところを真似する
いい会社、尊敬できるような会社の経営計画書は、なかなか自分では思いつかないことが書かれており、まさに参考書以上の存在といえます。優れた部分を的確にまねることによって最大限の創造性を発揮したいものです。

②月次報告会では全員で読み合わせする
会社の実績をはじめ、チームや店舗、個人にしても、毎月の数字というものが出てきます。社長が、会社の経営目標に対する実績を書き込むのは当然のことです。
しかし、それだけでなく、全社員の前で、全員が自分の目標と実績を読み上げ、全員が全社員の実績を書き込むようにします。これによって、月次発表会が常に全員の目標確認と実績共有の場となります。自分の目標にどれだけ足りないかに気付くだけでなく、他の社員の実績までも分かります。

③チームや個人別に目標を細分化する
「経営計画は人ごと」と考える社員がいる限り、経営計画書づくりの協力は見込めません。ここで必要となるのは、社員の当事者意識です。当事者意識を持ってもらうためには、社員一人ひとりに自分で目標を決めてもらうのです。社員は、会社や部門よりも自分の目標と実績が気になるものです。そして、自分が決めたことは達成したいと思うのです。そして、一人ひとりが目標を達成すれば、会社も目標を達成することができるわけです。

以上のような手を打ちながら、経営計画が失敗に終わってしまうリスクを減らしておきましょう。
次回は、経営計画書と銀行との関係性について解説していきます。

 

弊社では、起業家・経営者をご支援できるよう多くの金融機関と連携しております。銀行選びはどうすれば良いか、融資についての相談をしたい、資金繰りで悩んでいるなど、各種専門家が課題解決を行っております。また、V-Spiritsグループでは、税理士・社労士・司法書士と勢揃いしておりますので、貴社の事業をワンストップで支援ができます!
無料相談もしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

関連記事

新着コラム

  1. Youtubeに動画を投稿しました。
  2. Youtubeに動画を投稿しました。
  3. Youtubeに動画を投稿しました。
  4. Youtubeに動画を投稿しました。
  5. Youtubeに動画を投稿しました。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX