税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

【融資決裁権限!支店決裁と本部決裁の違い】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

融資をするかしないかを最終的に判断するためには誰かしらが決裁を行う必要があります。

金融機関内部では融資の決裁権限が明確に定められています。支店決裁と本部決裁では審査の見方なども大きく変わります。

メリットやデメリットを交えて解説していきます。

まず、支店決裁のメリットは決裁までの時間が早いです。最終的には支店長がYESと言えば融資が実行されます。デメリットは、ある一定の金額までしか対応できず大口融資は支店決裁では対応ができない範囲となります。金額の線引きについては金融機関ごとに異なります。

本部決裁のメリットは、審査部などにも企業情報が共有されるので将来的な取引深耕がしやすくなります。デメリットは、審査が細かく厳しいことと、決裁まで一定時間を要します。また、指摘事項などがあった場合には改善が図れているかなどチェックされます。

小規模事業であれば支店決裁で済むことが多いです。本部決裁の審査は厳しいものの多くの融資を受けられるチャンスでもあります。

関連記事

新着コラム

  1. YouTubeに動画を投稿しました。
  2. YouTubeに動画を投稿しました。
  3. YouTubeに動画を投稿しました。
  4. YouTubeに動画を投稿しました。
  5. 飲食店や美容室など、新型コロナウイルスの影響で経営難に陥っている個人事業主の方は多くいらっしゃると思...
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
資金調達支援サービス
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX