税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

【資金繰りができないと黒字倒産?】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます!11/15日は、「七五三」です。男の子は数えで3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年に、成長を祝って社寺に参詣する。3歳は髪を伸ばす「髪直」、5歳は初めて袴をつける「袴着」、7歳は本仕立ての着物と丸帯という大人の装いをする「帯解」をそれぞれ祝う意味がある。旧暦11月はその年の実りを神に感謝する月であり、旧暦15日は二十八宿で「何事をするにも吉」とされる鬼宿日に当たったことから11月15日に行われるようになった。今日では11月15日にこだわらずに10月から11月の間に行われるようになっている。(Wikipedia 七五三)

 

今週1週間は、「資金繰り」についてお伝えしていきたいと思います。初回は、【資金繰りができないと黒字倒産?】についてです。

黒字倒産のイメージはどのようなものでしょうか?倒産に限って言うと、赤字が続き儲からない為に倒産するといったイメージがほとんどだと思います。しかし、赤字が続いても倒産しない企業と毎期黒字が続いてるのに倒産してしまう企業。なぜ、そのようなことが起きてしまうのかを解説します。

起業を目指す方やスタートしたはかりの方は注意が必要ですが、売上があがることとお金が入ることは決してイコールではありません。(日銭商売を除く)もっと言うと、決算書で利益が出ているから余裕かというと、あくまでも会計上(決算上のことで、もしそのとおりに売上代金などが入金されなかったりしたら、それだけでお金が足りなくなるのは想像できるでしょう。裏を返すと、会社経営をしていく上では、儲かっているかどうかだけを見るのではなく、支払日にお金が足りるかどうかの管理もきちんとしていかなければなりません。よって、赤字だとしても資金調達ができお金に余裕があれば倒産はしません。一点注意点を挙げるとすると、赤字だからといって融資を受けられないといったことはありませんし、黒字だから融資が受けられるといったこともありません。費用などの中にはお金が出ていかない費用、支払いの発生しない費用なども含まれます。つまり、赤字=お金が足りなくなるとは必ずしも言えないのです。
いかがでしょうか?もしかしたら、思っていたイメージと異なっているかもしれません。この資金繰りを理解しているかどうかが会社の命運を握っています。
売上重視が未だに目に映りますが、売上ばかりを追いかけてしまうと資金繰りがおざなりになって資金調達に翻弄されてしまうので、売上計画と共に資金計画も併せて立てることが必要です。

 

弊社では、起業家・経営者をご支援できるよう多くの金融機関と連携しております。銀行選びはどうすれば良いか、融資についての相談をしたい、資金繰りで悩んでいるなど、各種専門家が課題解決を行っております。また、V-Spiritsグループでは、税理士・社労士・司法書士と勢揃いしておりますので、貴社の事業をワンストップで支援ができます!
無料相談もしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

関連記事

新着コラム

  1. Youtubeに動画を投稿しました。
  2. Youtubeに動画を投稿しました。
  3. Youtubeに動画を投稿しました。
  4. Youtubeに動画を投稿しました。
  5. Youtubeに動画を投稿しました。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX