コラム

【軽減税率】対象外になる外食って、どの範囲まで?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

軽減税率制度で税率8%となるのは「新聞※」と「飲食料品」です。
※:新聞とは一般社会的事実を掲載する週2回以上発行され、かつ定期購読契約に基づく新聞。

このうち、飲食料品というのは、どこまでの範囲か、
ここがなかなかややこしい論点になると思われます。

定義としては
食品表示法に規定する飲食料品が対象となるが、一部例外あり
といったところです。

一部の例外を作ったのは、
生活必需品は負担の軽い軽減税率8%にするが、
生活必需品ではないものは標準税率10%で課税するという趣旨です。

この考え方に基づき、
まず「外食」にあたる場合は10%の標準税率になります。

■「外食」の定義
外食とは、
(1)テーブル、いす、カウンター等の飲食に用いられる設備のある場所で行う
(2)飲食料品を飲食させるサービス
と定義されています。

外食なら10%、外食でなければ8%です。

次回、もう少し掘り下げていきます。

関連記事

新着コラム

  1. みなさんこんにちは。V-Spiritsの三浦です。
  2. みなさんこんにちは。V-Spiritsの三浦です。
  3. 弊社では、20名~30名ほどを収容できるセミナー会場を保有しておりますが、使用せずに空いている時...
  4. 「経営力向上計画」をご存知でしょうか。
  5. インターネットやSNSの発展とともに資金調達の手段にも新たなものが広がりつつあります。
ダウンロードはこちら
イノベーションズアイ
資金調達支援サービス
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
有本毅ブログ
岩楯大輔ブログ
神誠ブログ
 V-Spirits┃ストーリー
起業成功事例.jp
起業応援成功サプリ
採用情報
業務提携先募集情報
消費税??軽減税率??まるごとQ&A