税理士/社労士/行政書士/司法書士/中小企業診断士/FP/元補助金審査員/元日本政策金融公庫支店長/各種コンサルタントなどが常駐する他に類を見ないワンストップサービス
オフィスは池袋駅から徒歩3分の日本政策金融公庫池袋支店と同じビルです

コラム

【事業計画書の落とし穴】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は【事業計画書の落とし穴】について解説していきます。

事業計画書を作成するタイミングは場面によって様々ですが、今回は創業時における事業計画書の落とし穴については大きく分けて2点ありますので1つずつ説明していきます。

 

①事業計画書の出来次第で融資が受けれると勘違いをしてしまう

創業融資を受けるにあたって事業計画書が融資の可否を占める割合は約5割程度と考えています。今回は割愛致しますが、実は残りの5割の方が大事な場合もあります。
では、なぜ事業計画書の占める割合が5割程度なのかは、未来予測なのでやってみないとわからないからです。たくさんの事業計画書を見ていく中では、夢物語のようなものも
あります。それ自体は、理想が高く素晴らしいことだと思います。けれども、融資を受ける観点で見るとどうでしょうか?
自身がお金を貸す立場だとしたら、本当にこれできるの?って思うかもしれません。そう思われた時点で懐疑的な目線になってしまうのも事実です。
結論は、出来の良し悪しよりも、実際に体現できる事が想像できるような事業計画書が金融機関には好まれる傾向があります。

 

②ランニングコストがどんぶり勘定

事業計画を年単位でしか作成しておらず、月単位に落とし込んで作成していないこと。
創業時のランニングコストは業種により大小はありますが、間違いなく言えることは想定外の出費は必ずあります。もちろん作成した通りにピッタリいくこともほとんどないでしょう。
年単位でしか資金計画を作成していない場合どうなるでしょうか?月単位に落とし込んで作成した場合と違い、月毎に精査できずいつしか手元に資金が無くなるといった事態に見舞われるでしょう。
特に創業時の資金調達は時期も回数も限りがありますので、この段階で資金計画がおかしくなってしまうと修正していくことは難しいです。
資金計画を作成する際には、面倒でも月毎に落とし込んだランニングコスト計算をお勧めします。
また、弊社ではHPに「事業計画書」無料ダウンロードのサービスを行っております。有効活用してみてはいかがでしょうか?

 

弊社では、起業家・経営者をご支援できるよう多くの金融機関と連携しております。銀行選びはどうすれば良いか、融資についての相談をしたい、資金繰りで悩んでいるなど、各種専門家が課題解決を行っております。また、V-Spiritsグループでは、税理士・社労士・司法書士と勢揃いしておりますので、貴社の事業をワンストップで支援ができます!
無料相談もしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

・次のおすすめの記事はこちら

【事業計画作成における重要点】

【創業融資における事業計画書の作成時期】

関連記事

新着コラム

  1. Youtubeに動画を投稿しました。
  2. Youtubeに動画を投稿しました。
  3. Youtubeに動画を投稿しました。
  4. Youtubeに動画を投稿しました。
  5. Youtubeに動画を投稿しました。
ダウンロードはこちら
これを知らなきゃ損する!噂の経営マガジン
All Aboutガイドの原点
多胡藤夫ブログ
中野裕哲ブログ
渋田貴正ブログ
三浦高ブログ
小峰精公ブログ
坂井優介ブログ
V-Spirits総合研究所株式会社
インボイス・電子帳簿保存法 Q&A
採用情報
業務提携先募集情報
V-Spiritsグループ Instagram
全国対応の補助金申請を専門家がサポート|中野裕哲の無料相談V-Spirits

他社広告欄

クラウドPBX